Loading...
ゴールデン・グローブ賞ノミネート、アカデミー賞外国語賞ロシア代表選出などでロシアが世界に誇る気鋭の監督、アレクセイ・ウチーチェリの一大抒情詩『マチルダ 禁断の恋』がついに日本に上陸する。ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と、マリインスキー・バレエ団の伝説のプリマとして謳われたマチルダ・クシェシンスカヤとの決して許されない恋を描く。ロシア国内では「聖人」として神格化されているニコライ2世の禁断の恋とセックスを描いた本作。作品をめぐり、皇帝の名誉を傷つけるとして賛否両論が飛び交い、ウチーチェリ監督を尊敬しているプーチン大統領が参戦したり、上映館の放火を警告するキリスト教過激派組織も登場するほど。さらに安全上の理由で俳優たちはプレミア上映会を欠席するという事態にまで発展した。この実話に基づく物語は、ロシア全土を巻き込んだセンセーショナルな話題作となった。¥
エカテリーナ宮殿やマリインスキー劇場、ボリジョイ劇場などの実際のローケションでの撮影、さらにロパートキナを輩出した世界三大バレエ団であるマリインスキー・バレエ団の壮麗な舞台が再現され、圧倒的なスケールと豪華絢爛な映像美も見どころのひとつ。一度は訪れたい、一度は観たい、芸術がこの一本で堪能できる贅沢な映画だ。
1890年台後半のサンクトペテルブルク。ロシア王位継承者であるニコライ2世は、世界的に有名なバレリーナのマチルダを一目見た瞬間恋に落ちる。燃え上がる彼らの恋は、ロシア国内で賛否両論を巻きおこし国を揺るがすほどの一大ロマンスとなる。父の死、王位継承、政略結婚、外国勢力の隆盛―そして滅びゆくロシア帝国と共に2人の情熱的な恋は引き裂かれようとしていた―。
主演のニコライ2世役にドイツを代表する実力派俳優で、『ブルーム・オブ・イエスタデイ』(16)、『パーソナル・ショッパー』(16)などのラース・アイディンガー、マチルダ役には、ポーランド出身の新進気鋭の女優『ゆれる人魚』(15)のミハリナ・オルシャンスカ、恋のライバル・ヴォロンツォフ役には、ロシア映画界で人気NO.1のダニーラ・コズロフシキーが挑む。さらに、世界屈指のオーケストラ指揮者でマリインスキー劇場芸術監督兼総裁のワレリー・ゲルギエフが音楽監督を務め国際色豊かなキャスト&スタッフがロシア一代絵巻の世界観を創り上げる。
19世紀ロシア。
ロシア帝国の次期継承者ニコライには、イギリスのヴィクトリア女王の孫娘でアリックスという婚約者がいた。ある日、王室の列車が大事故に巻き込まれ、家族を助けようとした父アレクサンドル3世は重傷を負う。ニコライは父の死期とともに王位継承者として自由気ままな生活の終わりを悟るのだった。

ある時、帝国旅団のための競技会で、多くの見物客に交じり華やかなバレリーナたちがいた。その中でもひときわ美貌を放っていたマチルダ・クシェシンスカヤにニコライは釘付けとなる。二人は惹かれあうが、マチルダを一方的に恋い慕うヴォロンツォフ大尉が突然、皇帝に襲い掛かる。嫉妬に狂ったヴォロンツォフは、駆け付けた護衛たちに取り押さえられる。

王位継承者の新しいお気に入りとなり、他のバレリーナたちから激しい嫉妬の対象となるマチルダだったが、どんなときも気高く振る舞っていた。一方、拘束されたヴォロンツォフは拷問されフィッシェル医師の研究室で実験対象となってしまう。彼は、マチルダへの想いに取り付かれ発狂してしまったのだ。

王位継承者のニコライとマチルダの情熱的な情事は、宮廷では歓迎されない禁断の恋となっていく。さらに、ニコライの婚約者アリックスはロシア入りし、マチルダというライバルがいることを知り激しい嫉妬と憎悪を燃やすのだった。マチルダはニコライに「彼女と結婚したら、あなたは不幸になる」と言い放つが、ニコライは引き裂かれる想いで、皇后である母の強い意志でアリックスと結婚する。マチルダへの想いは募るばかりのニコライは、やがて王座を背く決断をし、マチルダの元へ戻ると彼女と約束するのだった。だが再び、ヴォロンツォフが現れ復讐のためマチルダの乗ったボートに火を放つ。ニコライはこの惨劇を目の当たりにしマチルダが亡くなったと思い込む。

マチルダ亡き今、王座へ背くことはせず戴冠式を受け入れるニコライ。大聖堂で妻アリックスとともに厳かにロシア新皇帝の戴冠式が執り行われる。その最中に、マチルダが突然現れ彼女が生きていることが判明する。マチルダはニコライに何か重要なことを必死で伝えようとするが、2人は群衆に引き離されてしまう―。
これは、最後の皇帝とロシアバレエに名声をもたらしたバレリーナとの、実話に基づく愛の物語。
1976年生まれ、ドイツのベルリン出身。ドイツを代表する実力派俳優。主な映画出演作は、ドイツ映画賞/主演男優賞を受賞した『ブルーム・オブ・イエスタディ』(16)、『パーソナル・ショッパー』(16)、『アクトレス ~女たちの舞台~』(14)などがある。
1992年生まれ、ポーランドのワルシャワ出身。ポーランド屈指の若手実力派女優。主な映画出演作に、『ヒトラーと戦った22日間』(18)、『ゆれる人魚』(15)、『暗殺者たちの流儀』(15/未)などがある。
1985年生まれ、ロシアのモスクワ出身。ロシア映画界で人気ナンバーワンのスター俳優。主な映画出演作は、『VIKING バイキング 誇り高き戦士たち』(16)、『ハードコア』(16)などがある。また、『ヴァンパイア・アカデミー』(14)でハリウッド映画デビューを果たした。
1987年生まれ、ドイツのアポルダ出身。7歳のとき、ヘルケ・ミッセルヴィッツ監督の『Little Angel(英題)』で映画デビュー。2010年より劇団シャウビューネの正団員となり、『タルチュフ:あるいはペテン師』、『令嬢ジュリー』、『黄色い壁紙』に出演している。
1968年生まれ、ドイツのゾルタウ出身。ドイツ演劇シーンの早熟な鬼才。長年にわたり唯一無二のリーダーとして劇団シャウビューネを率いている。その作風は、“濃密で凶暴な”心理的リアリズムと評される。2008年に演出を手掛けた『ハムレット』で世界的な名声を手にする。2011年、ヴェネツィア・ビエンナーレで金獅子賞受賞。
1963年生まれ、リトアニア出身。アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『太陽に灼かれて』(94)でハリウッドに注目され、『ミッション:インポッシブル』(96)、『セブン・イヤーズ・イン・チベット』(97)に出演。『ハンニバル・ライジング』(07)では、連続殺人鬼の母親を演じた。
1951年生まれ、ロシアのサンクトペテルブルク出身。数々の映画賞に輝くロシア国内外で有名な映画監督。サンクトペテルブルグで開催されるMessage 2 Man(メッセージ・トゥ・マン)国際映画祭の名誉会長にして、ロシア屈指の映画スタジオであるロック・フィルムズ(1991年設立)の創設者。主な監督作は、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート、アカデミー賞外国語映画賞ロシア代表となった『爆走機関車 シベリア・デッドヒート』(10/未)、ロカルノ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した『The Fool(英題)』(14)、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭監督賞を受賞した『チェチェン包囲網』(08/未)、モスクワ国際映画祭最優秀作品賞を受賞した『宇宙を夢見て』(05)、クリーブランド国際映画祭、シラキュース国際映画祭、ヴィボルグ国際映画祭作品賞を受賞した『The Stroll(英題)』(03)、AFI映画祭作品賞受賞、アカデミー賞外国語映画賞ロシア代表となった『His Wife's Diary (作家の妻の日記)』(00/未)など数多くある。
セルゲイ・パラジャーノフ監督、セルゲイ・ソロヴィヨフ監督、アレクセイ・ゲルマン監督ら数多の有名映画監督とタッグを組んでいる。ロシア国家賞を受賞している他、Russian Film Academy Award(ロシア映画アカデミー賞)を3度受賞しており、うち2作がアレクセイ・ウチーチェリ監督作品である(『作家の妻の日記』、『宇宙を夢見て』)。
元ジャーナリストで、ロシア屈指の小説家。代表作『The Rat Killer(英題)』は国内外で高い評価を受けた。2009年、『The Stone Bridge(英題)』でロシアの文学賞Big Book(ビッグ・ブック)第2位を獲得。2012年、『Germans(英題)』でNational Bestseller Award(ナショナル・ベストセラー・アワード)を受賞。
ロシアを代表するネオ・クラシック・バレエの振付家。ペルミ・オペラ・バレエ団の首席バレエマスター兼芸術監督。
世界屈指のオーケストラ指揮者。芸術監督兼総裁を務めるマリインスキー劇場の管弦楽団は、ロシア国内外で年間700公演以上を行い、世界一のツアー数を誇る。芸術的な功績を認められ、ロシア国家賞を2度受賞。ユネスコから栄えあるユネスコ平和芸術家に任命された。
ニカ賞とゴールデン・イーグル賞の衣装デザイン賞に輝く衣装デザイナー。ロシアを代表する映画監督のアレクセイ・バラバーノフやウラジミール・ボルトゥコとタッグを組んでいる。
アレクサンドル・ソクーロフ監督作品のうち3作を手掛けており、『エルミタージュ幻想』(02)ではエルミタージュ美術館の50室以上をデザインし、『太陽』(05)では昭和天皇の皇居を見事に再現。ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した『ファウスト』(11)でヨーロッパ映画賞プロダクション・デザイナー賞にノミネートされた。
ロシアで約300年続いた王朝・ロマノフ朝、最後の皇帝(1868-1918)。弾圧された民衆の革命思想が高まり、ロシア革命を引き起こす要因となり、一家で処刑される。ラストエンペラーの最期は、近代史でも有数の悲劇としてその名を歴史に残した。
ロシアで初めてプリマ・バレリーナ・アッソルータ(バレリーナの最高位の肩書で非常に稀である)となったロシア帝国の美貌のバレリーナ(1872-1971)。マリインスキー・バレエ団のスターダンサーでニコライ2世の愛人であった。
ロシアのサンクトペテルブルクにあるマリインスキー劇場のバレエ団で、世界五大バレエ団の一つで最高峰とも言われる拡張高いバレエ団。
ロシア帝国時代の皇帝の避暑地で、サンクトペテルブルク中心部から南に25kmのところにあるツァールスコーエ・セロー(現在のプーシキン市)にあり、「夏の宮殿」とも呼ばれている。「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」として政界文化遺産に登録されている。
サンクトペテルブルクの壮大な宮殿、モスクワのクレムリンの古代の壁、マリインスキー劇場とボリショイ劇場の豪華な内装など全盛期のロシアの2大拠点が再現された。
数多くのユニークなセットが本作のために特別に作られた。その最たるは、まばゆい光の中で戴冠式が行われる生神女就寝大聖堂。エカテリーナ宮殿の仮面舞踏会に参加したり、フィッシャー博士の不気味な病院を覗き見たり。歴史とフィクションが混ざり合う。
7,000点以上にも及ぶ当時の衣装と衣装小物を創作するために17トンの布を仕入れた。役所の職員のグレーのジャケットから王宮貴族の豪華絢爛なドレスにいたるまで、19世紀のファッションを完全に再現。さらに、まばゆいダイヤモンドが散りばめられた王家の宝飾品や国家勲章が過去の偉大さを示している。
戴冠式のシーンには500人以上が参加。帝国劇場のシーンの撮影には700人以上、ホディンカの惨事のエピソードには2,000人以上が関わった。
時代設定はロシアバレエの黄金期の幕開けで、数々の古典バレエを踊るヒロインがそれを体現する。 本作のバレエシーンでは、オリジナルの様式とクラシックの振り付けが調和している。 また、ロシアのペルミバレエのアレクセイ・ミロシニチェンコ振り付けで、ペルミのバレエダンサーが踊りを担当した。マチルダのダンスシーンは、ペルミのダンサーがスタントしている。
時代設定はロシアバレエの黄金期の幕開けで、数々の古典バレエを踊るヒロインがそれを体現する。 本作のバレエシーンでは、オリジナルの様式とクラシックの振り付けが調和している。 また、ロシアのペルミバレエのアレクセイ・ミロシニチェンコ振り付けで、ペルミのバレエダンサーが踊りを担当した。マチルダのダンスシーンは、ペルミのダンサーがスタントしている。
COMING SOON...
COMING SOON...